クマを治すための治療方法|老化を防止する

原因によって違う治療法

女の人

原因を見極める方法

目の下がどんよりしているだけで、疲れて老けたような印象を与えてしまいます。よく眠れているのに、目の下の黒ずみが取れないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。目の下のクマには、血行不良によるもの、たるみによるもの、くすみによるものの3種類があります。目の下の皮膚を横に引っ張ると薄くなるのが血行不良による青クマで、縦に引っ張ると薄くなるのがたるみによる黒クマです。皮膚を引っ張っても色が変わらないのがくすみによる茶クマです。黒クマや茶クマはコンシーラーでも隠しにくく、年齢と共に濃くなってしまうので、老け顔の原因として悩みの種となります。治すためには、根気強くセルフケアを続けるか、美容クリニックに通うことが必要です。

目の下の皮膚は薄い

目の周りは年齢が出やすい部分です。目の周り専用の化粧品も様々なものがあります。黒クマの場合は、目の下を保湿してハリ感をアップさせることで改善されます。茶クマを治すためには、しみやくすみに効果のある美白化粧品を使うことが必要です。ただ、目の下の皮膚は非常に薄くてデリケートなので、早く治すために刺激の強いものを使うと目や皮膚に炎症を起こしてしまうこともあります。安全に確実に治すなら、美容クリニックを利用することもおすすめです。レーザー照射やヒアルロン酸注入など、皮膚を切ることなく簡単にできる様々な治療方法があります。治療の前にはカウンセリングを受けることもできるので、効果がよく分からない高い化粧品を通販で買うよりも安心です。